ビューティー | 瀬田 捺央 | フィール 宇治店

日焼けの影響はお肌だけじゃない!

# #日焼け # ケアネス # 紫外線対策 # 頭皮ケア

こんにちは!ハピネスフィール宇治店アシスタント1年目の瀬田です!


今回はこれから強くなる紫外線による影響についてお話させていただきます!


良かったら最後まで読んでみてください♪

お肌への影響

みなさん紫外線を浴びると日焼けしてしまうのはご存知ですよね?


紫外線はお肌の免疫を破壊しお肌の加齢やシミ、炎症などの原因となります。


シワの原因となる「UVA」は窓ガラスも通り越すので室内でもきちんと対策しましょう!


放っておくと最悪皮膚ガンになりうることも…


これからきちんとケアしていきましょう!

目への影響

紫外線と聞くと多くの方がお肌の影響をイメージしますが目はお肌と同じように様々な影響を受けます。


例えば角膜が炎症を起こし充血したり違和感があったりします。


それに目から強い光が入ると脳が体内に紫外線が入ってきたと判断してその結果脳がお肌にメラニン(色素細胞)を出すように命令してしまい、紫外線を浴びてなくても日焼けしてしまうこともあります。


目から紫外線を浴びることでお肌にも影響するのです!!


なので今後のお肌のためにも日焼け止めクリームやUVカットのサングラスをするなどとしっかりケアしていきましょう!

体の内側への影響

さて、お肌と目への影響の他に次は身体への影響です。


私たちが生きるために必要な酸素は「酸化」と言う反応を起こ物質でもあります。


例えば鉄が酸化されると「サビ」ができるように私たちの身体の中でも取り込んだ酸素から生まれる「活性酸素」によってタンパク質やビタミンなどが酸化し劣化してしまいます。


その活性酸素は紫外線によって生まれます。


その結果老化現象(シミ、シワ、白髪)などを引き起こしてしまいます。


酸化を防ぐためには抗酸化物質をとりいれなくてはなりません!抗酸化物質を多く含む食品はブルーベリー、バナナ、カボチャ、トマトなどです!インターネットで調べるとすぐに出てきます。


また生活習慣病にもつながってしまうのでインナーケアもしっかり行いましょう!

髪への影響

時に髪は肌以上に年齢を語ると言われます。いくらお肌が綺麗でも髪がパサついていたりゴワゴワしていると実年齢より老けて見えます。


お肌や身体には日焼けを塗っているけど髪や頭皮はそのまま…なんてことはありませんか?


髪は体のどの部分よりも太陽に近くダメージを受けてしまうからこそケアをしないといけません。


髪の内側はお肌と同じようにメラニンがあるため紫外線をある程度吸収しますが髪の表面のキューティクルにはメラニンがなく内側に比べて紫外線の影響を受けやすくなってます。


キューティクルがダメージを受けると髪にツヤがなくなったり手触りが悪くなります。潤いのある髪を保つためにはやはりお肌と同じようにケアしなければなりません。


髪への紫外線はUVスプレーで対応を!髪やお肌から10~15センチほど離して満遍なくスプレーするのがポイントです!こまめにつけることも大事です!頭皮もダメージを受けるため頭皮用の化粧水などもおすすめです。

まとめ

以上、紫外線による身体への影響でした!


ハピネスでは紫外線によりダメージを受けたお肌や髪へのケア商品を取り扱ってます。


気になる方はお気軽にスタッフへお声かけください!!


 

全員

オーダーメイドトリートメント☆

厳選されたトリートメントメニューをご用意しております。

・ケアネストリートメント¥3,300~

・MILBONオージュアトリートメント¥4,400~

・資生堂サブリミックトリートメント¥7,700 

(通常¥3300) ¥3300

24H空席確認・WEB予約する

施術目安
30分
提示条件
来店時
利用条件
有効期限

記事を書いたスタッフ

アシスタント
瀬田 捺央
せた なお

24H空席確認・WEB予約する

column
最新コラム

  • ヘアカラー
  • スタイル
  • ヘアケア
  • アレンジ
  • アイリスト
  • ネイル
  • ビューティー
  • スキンケア
  • アイテム
  • その他