ヘアカラー | 山崎 絢女 | ミニヨン 高の原店

カラーの褪色気になりませんか??【グッバイイエロー】さよなら黄色っ!!

# カラーシャンプ # グッバイイエロー # ムラシャン # 色持ち # 褪色

カラーリングする人が一度は悩む


《褪色》


綺麗な色もつかの間、、、シャンプーする度に色が退色していき嫌な黄色が《こんにちは》してくる、、、


そんな黄色とはグッバイしませんか??


 


ということで、今回ご紹介させて頂くのは


【GOODBYE YELLOW(グッバイイエロー)】


というシャンプーです。


 


コラムの題名は本気です笑


 


 

GOODBYE YELLOW(グッバイイエロー)とは??



GOODBYE YELLOW(グッバイイエロー)とは??


なんですが、そのままの通りなのですが、褪色して黄色になった毛髪をシャンプーで黄色味をけしていく商品です。


 


一般的に言われている【紫シャンプー】です。


 


カラーで褪色すると黄色っぽくなってきます。


黄色の補色が《紫色》なのですが、補色の紫色を入れて上げることで、嫌な黄色を消してくれます。


 


ブリーチ毛だけでなく、ハイトーンのカラーリングうぃされている方におすすめの商品です。


 

他社との違いは??

数ある紫シャンプーがある中でグッバイイエローシャンプーをオススメする理由があります。


 


①色が濃いので染まりがいい


いろんな紫シャンプーを使用してきましたが、今まで一番色が濃く綺麗に黄色を飛ばしてくれます。


色が濃く染まりがいいので、毎日使わなくていい。


 


②コスパがいい


数ある紫シャンプーの中でもコスパがダントツでいい。


定価は¥1,500(税抜)ですが、3日に1回でいいので1本持っていたら数ヶ月は持つのでコスパ的にはかなりいいです。


 


③頭皮に優しい


ヤシ由来の天然洗浄成分で頭皮に優しく洗い上げてくれます。


 


 


大きく分けて上記の3つです。


個人的に紫シャンプーで一番大事だと思っているのは《①の色が濃いので染まりやすい》です


大は小を兼ねるですね、次の項目で書いているのですが、使い方で色味を薄くもできるのでこの①はすごく重要です。


 


 

使い方

使い方はいたってシンプル。


 


いつものシャンプーの代わりに使用して泡の状態で5分置くだけ


5分後にしっかりすすいで、いつものようにトリートメントをして仕上げます。


 


使用頻度は週に3回程度


 


基本的には上記の方法で大丈夫です。後はお好みで変えて頂ければ大丈夫です。


例えば、色を濃く入れて色持ち期間を長くしたい場合は、シャンプーの量を少し多くして放置時間を規定よりも長く置く


もしくは、使用頻度を週4とか5に変えてみる


 


逆に染まりが濃すぎる場合は、先ほどと逆で、シャンプー量をへらしたり、タイムを短くしたり、使用頻度を伸ばしたりしてみてください。


 


 


もし効果がないという方は下記をチェックしてみてください


 


~チェックポイント~


●泡立ちは髪の毛を覆うくらい十分ありますか??


●放置時間をしっかりとおいていますか??


●シャンプーの頻度は週3回していますか??


 


 


もしそれでも効果が出ないという方は、ブリーチ毛やハイトーンでない可能性が高いです。


その際は担当スタイリストに相談してみてください。


 


 

使用上の注意

人によって個人差があるのですが、ヤシ由来の天然洗浄成分のノンシリコンシャンプーのため、質感重視のシャンプーに比べて


きしみ、ごわつき、引っかかりを感じる方もいるかもしれません。


 


ですが、これはシャンプーで傷んだというわけではございません。


シャンプーで汚れや油分を取り除いた状態なので、その後にトリートメントをすれば問題ないです。


 


もう一つデメリットがあります。


先ほども述べましたが、他社と違い色が濃いので、爪や手に薄く色がつくかもしれません。


その際は、すぐに石鹸などで洗えばとれます。


 


ですので、使用上の注意として、泡の状態で放置している時は、すぐに手や爪の泡はとりましょう。


 


 


この時期は特に褪色しやすいです。


ですので、ハイトーンやブリーチしている方で褪色が気になる方は一度使ってみてください。

記事を書いたスタッフ

クリエイティブデザイナー
山崎 絢女
やまさき あやめ

24H空席確認・WEB予約する

column
最新コラム

  • ヘアカラー
  • スタイル
  • ヘアケア
  • アレンジ
  • アイリスト
  • ネイル
  • ビューティー
  • スキンケア
  • アイテム
  • その他